Medicom

コラム
特 集 医療テック 経営アイデア
お役立ち情報
イベント・セミナー お役立ち資料
  1. PHC株式会社
  2. PHCメディコムTOP
  3. メディコムパークTOP
  4. 医療テックコラム一覧
  5. 毎月のレセプト点検にかかる時間を減らす

レセプトコンピュータ 医師 事務長 2021.04.09 公開

記事をプリント
Twitter Facebook

毎月のレセプト点検にかかる時間を減らす

※本内容は公開日時点の情報です

#開業検討 #機器選定ポイント #業務効率化 #システム入替

毎月のレセプト点検にかかる時間を減らす

 毎月のレセプト作業で月末や月初が忙しいというクリニックも多いのではないでしょうか。システムを上手く活用して、毎月のレセプト点検による負担を分散し、時間外勤務の減少を図りましょう。

見落としがちな算定内容

 レセプトを作成するうえで、まず、チェックしなければならないのは、診療基本情報に入力ミスがないかどうかです。具体的なチェック項目としては、「頭書情報が正しく入力されているか?」「傷病名の診療開始と初診回数が合っているか?」「診療回数・処方料回数、実日数が合っているか?」など、診療に関する基本的な情報が正しく入力されているかを確認する必要があります。頭書情報だけでも、保険者番号と記号の一致、保険・公費の適用年齢の一致、有効期限など、確認事項は複数あります。
 もうひとつのポイントが、「算定ルールに従った入力がされているか?」という点です。診療報酬点数表に記載された告示通知に従った入力をする必要があります。また、「傷病の診療開始日が診察日の後になっていないか?」「算定日時点または月初の年齢に合った診療行為や特定器材を算定しているか?」「休日ではない日に休日加算を算定していないか?」など、診察日が正しく入力されているかについてもチェックしましょう。

イメージ

細かいチェックはシステムが強い

イメージ

 様々な点検ポイントがあるレセプト作成については、システムを最大限活用するのがお勧めです。メリットとしては、レセプトの点検作業の負担軽減、診療報酬改定時の算定ルール覚え直しの手間削減などがあります。経営目線では、返戻・査定・算定漏れ防止による収支の安定化、時間外勤務の減少などのメリットがあります。電子化することで、用紙出力などのコスト削減も図れます。
 レセプトチェック用システムは、様々なメーカーから発売されています。チェック機能を強化しているシステムのひとつが、メディコムが提供するレセコン一体型電子カルテのMedicom-HRシリーズです。

毎月の点検時間を削減するヒント

 メディコムの電子カルテMedicom-HRシリーズでは、いままでに挙げた様々な項目に対するチェックができる「点検アシスト」があります。また、日々の会計入力中でもこの「点検アシスト」が実行できます。月初に集中していたレセプト点検業務の分散化だけでなく、会計前にチェックできることで、返金や追加の徴収などの手間が削減できます。
 さらに、毎月のレセプトチェックについては、チェック画面から「データ修正」ボタンをクリックするだけで、簡単にエラー項目の画面に移動することができます。例えば、頭書き内容に対してエラーがある場合は、該当の患者さんの頭書き修正画面へ移動、病名にエラーがある場合は該当の患者さんの病名の修正画面へ移動することができるため、その場ですぐに内容の修正が行えます。

イメージ

 事務スタッフの方から「レセプトが大変…」と聞いたことはありませんか?メディコムで解決できるかもしれません。ぜひ一度、メディコムのデモンストレーションにてご相談ください。

オンラインデモはこちら

  • メディコムのオンラインデモメディコムのオンラインデモ

医療テック記事一覧へ


イベント・セミナーEVENT&SEMINAR

お役立ち資料ダウンロード