データヘルス改革と薬局

健康サポート機能強化など、薬局の“脱調剤”の必要性が指摘されています。一方で、その実践のためには、薬剤師の職能倫理に基づいた取り組みだけでなく、費用対効果や投資戦略など、経営的な視点が不可欠になります。先駆的な薬局における戦略や取り組みを紹介します。

講師:
・グリーンメディック(大阪府豊中市)代表取締役 多田耕三 氏/演題:「保険外サービスの座組みづくりについて」

・有限会社つちばし薬局(高知県高知市)代表 藤原英憲 氏/演題:「脱調剤依存~地域の薬局のあり方を考える」

その他、参加薬局の方々からの質疑応答の内容も掲載。

始まっている“脱調剤”への薬局の取り組み
ダウンロード