PHCbi
開発品

ライブセル代謝分析装置

培地中のグルコースと乳酸を、サンプリングせずに連続測定。
細胞の代謝変化をリアルタイムで可視化できます。

細胞は常に増殖や分化を繰り返しています。
これらの活動は代謝と密接に関係していることが知られています。
CAR-T療法を含むがん免疫分野や、iPS細胞をはじめとする幹細胞研究、
さらにはそれらの製剤化に向けた製造プロセスの検討において、細胞の代謝状態を把握することは、
細胞の活性化状態や病態を解析するうえで、さらに重要なファクターになりつつあります。
連続的に細胞の代謝を分析することは、その細胞の状態をリアルタイムに可視化することにつながります。
それは、これまでの代謝研究では見えなかった新しい発見を得る機会です。
PHCbiのライブセル代謝分析装置は、その新しい扉を開くことができます。

  • がん研究
  • 免疫研究
  • 幹細胞研究

細胞の連続的な代謝変化を可視化。
In-Lineセンサーによりグルコースと乳酸を連続的に測定することができます。

細胞の主要なエネルギー代謝のひとつである解糖系では、「グルコース」を細胞内に取り込み、「乳酸」を産生します。
従来の細胞代謝分析は、多くても1日に数回のサンプリングによるグルコースや乳酸などの「点」の濃度データから、
細胞の代謝状態の変化を推察することが一般的でした。
PHCbiのライブセル代謝分析装置は、独自の高精度In-Lineセンサーにより培養中の細胞が増殖・分化をするために取り込むグルコースと、
その過程で産生される乳酸を、リアルタイムかつ連続的に測定することができます。
また、サンプリングをせずに培地を測定できるため、測定した細胞はそのまま別の評価に使用することができます。

いつもと同じ培養環境で測定が可能。
普段の培養に使用する消耗品を、そのまま使用できます。

CO2インキュベーターの庫内にディテクターを設置して使用します。
いつもお使いの24ウェルプレートに、センサーモジュールとプレートアダプターを取り付けて、
ディテクターに設置します。リアルタイムの測定データは、タッチパネルのコントローラーで確認できます。
シンプルな構造で、様々なラボのスペースにフィットします。
しかも、培養に必要な消耗品(培地、24ウェルプレート、校正液、添加試薬)は市販品をご使用いただけます。
別売品として、5種類のブランドの24ウェルプレートに対応したプレートアダプターを用意しています。
(ご使用のウェルプレートに適合するものを別途ご購入ください)

グルコースと乳酸の濃度変化から解糖系を直接測定が可能。
解糖系の変化を直接的に評価できます。

細胞内に取り込まれるグルコースと、産生される乳酸の培地中に含まれる濃度を測定することにより、
解糖系の変化を直接的に評価できます。細胞の代謝状態は、濃度の測定値に基づいて算出された消費速度と
産生速度から、代謝変化の速度として可視化されます。
また、グルコースから乳酸への代謝効率をモニタリングすることで、解糖系のみならず酸化的リン酸化のような
他の細胞代謝とのバランス変化についても評価が可能です。

仕様

製品概要 モニタリング項目 グルコース、乳酸(同時2項目連続測定)
主要な装置構成 コントローラー、ディテクター、プレートアダプター(別売品)
主要な消耗品 センサーモジュール(シングルユース)
適合プレート 24ウェルプレート 
*5ブランドの市販品に適合
モニタリング期間 最大10日間
測定レンジ グルコース:27mM以下(4.9 g/L以下)
乳酸:15mM以下(1.4 g/L以下)
ディテクター 外形寸法 幅162mm × 奥行280mm × 高さ118mm
設置形態 CO2インキュベーター内に設置
コントローラー 外形寸法 幅380mm × 奥行272mm × 高さ373mm
画面 12.1インチワイドタッチパネルディスプレイ
拡張性 ディテクターを最大4台まで有線接続可能

※ 開発品のため、上市時に製品仕様を変更することがあります。
※ 掲載の製品は研究用途に限定して販売されます。

外観・寸法図

●製品の色はWEBページですので実際の色と若干異なる場合があります。

●製品の仕様および定格・デザインは改善等のため予告なく変更する場合があります。