コラム:クリニック開業基礎
コラム クリニック開業ポイント

開業医の年収・お金事情。気になる勤務医との違い

  • クリニック開業基礎

1. 序文

クリニック開業を検討する理由は多岐に渡るでしょう。例えば「自身の理想の医療を行いたい」「生活の場所や時間を自分で設定したい」などです。その中で「勤務医時代よりも年収を増やしたい」というようなお金に関するものも当然あると思います。本稿では、開業医の年収事情に関して勤務医との比較も交えながら解説をします。

2. 開業医と勤務医の年収の違い

そもそもの開業医と勤務医の違いについてです。当然、自身が事業主であるのが開業医、雇用されているのが勤務医ということになりますが、その違いを簡単にまとめたものが以下の表です。

図表:(C)株式会社G.C FACTORY作成
開業医(個人) 勤務医(法人勤務の場合)
所得の得る方法事業所得給与所得
社会保険国民健康保険・国民年金健康保険・厚生年金
労働保険非加入雇用保険・労災保険
労働時間自身の裁量労働基準法の範囲内(原則160時間/月)
経費事業に関わるものは損金算入法人の規定による
責任事業全体において責任を負う診療においてのみに責任を負う

まず、所得ですが、開業医は事業の収益(保険診療+自費診療)から、費用(原価・人件費・経費など)を引いた事業所得に対して所得税が課税されます。勤務医の場合は、法人からの給与が所得になります。この際に給与の場合は、2020年から給与所得控除として最大で195万円 が控除された金額に所得税が課税されます。また社会保険・労働保険に関しては個人事業主である開業医は原則加入することができませんが、勤務医は当然加入となります。(医療法人、または5名以上職員がいる医療機関の場合)こういった面を見ると勤務医のほうが良いように見えます。しかし、開業医は自身で組織を自分の思うように運営することができ、収入面でも頑張った分がそのまま反映します。また事業にかかる支出を経費にしたり、その費用の使い方も自身の裁量で決めたりすることができます。こういう面を考えると一概にどちらが良いというよりは、ご自身がどちらに向いているかという点が重要となります。

開業のメリット・デメリットに関して、詳しく知りたい方はこちらもご参照ください。
クリニック開業コラム「開業のメリット・デメリット」

3. 開業医の平均年収

では、その開業医の平均年収について解説をします。

(1)統計データ

まずは、統計データです。以下は、令和元年に実施をされた医療経済実態調査の各診療科目別の損益差額(個人診療所入院診療収益なし)です。

個人診療所 各診療科目別(入院収益なし)損益差額 単位:(千円)

出典:中央社会保険医療協議会「第22回医療経済実態調査 (医療機関等調査) 報告 -令和元年実施- p.149~151
内 科 小児科 精神科 外 科 整形外科 産婦人科 眼 科 耳鼻咽喉科 皮膚科 その他 全 体
個人 24,240 30,681 25,879 19,774 29,888 18,343 15,119 18,905 27,099 23,550 23,742

・内科の平均年収

内科を主とするクリニックの開業医の年収は、2,424万円となっていますので平均より高い傾向にあります。

・小児科の平均年収

小児科を主とするクリニックの開業医の年収は、3,068万円となっていますので他の診療科よりも1番高い傾向にあります。

・精神科の平均年収

精神科を主とするクリニックの開業医の年収は、2,587万円となっていますので内科や平均よりも高い傾向にあります。

・外科の平均年収

外科を主とするクリニックの開業医の年収は、1,977万円となっていますので平均よりも低い傾向にあります。

・整形外科の平均年収

整形外科を主とするクリニックの開業医の年収は、2,988万円となっていますので小児科に次いで2番目に高い傾向にあります。

・産婦人科の平均年収

産婦人科を主とするクリニックの開業医の年収は、1,834万円となっていますので平均よりも低い傾向にあります。

・眼科の平均年収

眼科を主とするクリニックの開業医の年収は、1,511万円となっていますので他の診療科よりも1番低い傾向にあります。

・耳鼻咽喉科の平均年収

耳鼻咽喉科を主とするクリニックの開業医の年収は、1,890万円となっていますので平均よりも低い傾向にあります。

・皮膚科の平均年収

皮膚科を主とするクリニックの開業医の年収は、2,709万円となっていますので内科や平均よりも高い傾向にあります。

・その他診療科の平均年収

その他診療科のクリニックの開業医の年収は、2,355万円となっていますので平均よりも若干低い傾向にあります。


全体平均で約2,374万円の報酬を得ていることとなり、これは勤務医の平均年収1,491万円(第22回医療経済実態調査結果報告に関する分析)と比較して多いです。

診療科別のクリニック開業について、失敗しない開業ポイントや開業資金を解説しています。
こちらもご参照ください。診療科別のクリニック開業ポイント

(2)統計データに拘り過ぎてはいけない

もちろん、上記の数字をあまり参考にしすぎる必要はありません。あくまでも平均であり、実際には勤務医の報酬以上に、クリニックによるばらつきが見られます。また経営が軌道に乗っているクリニックは医療法人成りをしている可能性が高いです。医療法人の場合は、経営者の報酬も経費になり、その他の節税を行っているため、こういった統計では正確な利益(代表の方の所得)を計るのは難しいです。

4. 実際に稼げている開業医の年収

それでは、実際の現場においてしっかりと稼げているのはどんなクリニックかについて記載をします。「稼げている」と一口に言ってもその数字から得られるイメージは人によって異なります。そこで実際に数字をご覧ください。こちらはとあるクリニックの月の実績を参照して仮に作成した実績です。想定としては「都内」「テナント(35坪 賃料50万円)」「内科」「週休2日制」のクリニックとしています。

例)内科(テナント開業)クリニックの損益計算書

図表:(C)株式会社G.C FACTORY作成
パターン① パターン①
売 上 保険診療 単価 5,200 5,200
人数 41 35
日数 22 22
4,690,400 4,004,000
原 価 医薬品・医療材料 計(売上の5%) 328,328 280,280
人件費 看護師 月給 310,000 310,000
人数 1 1
310,000 310,000
医療事務 月給 220,000 220,000
人数 2 2
440,000 440,000
賞与引当金 125,000 125,000
社会保険 計(人件費の16%) 140,000 140,000
人件費計 1,015,000 1,015,000
経 費 地代家賃 500,000 500,000
支払手数料 100,000 100,000
福利厚生費 50,000 50,000
旅費交通費 50,000 50,000
広告宣伝費 200,000 200,000
交際費 50,000 50,000
書籍費 30,000 30,000
減価償却費 250,000 250,000
通信費 30,000 30,000
備品・消耗品費 30,000 30,000
会議費 20,000 20,000
経費合計 1,310,000 1,310,000
営業利益 2,037,072 1398720
金利 50,000 50,000
経営利益 1,987,072 1,348,720

ご覧の通り、個人診療所の平均の約2,300万円~約2,400万円の報酬を得るためにはこちらのクリニックの前提だと1日40名(パターン①)ほど、勤務医の平均の約1,600万円~約1,700万円を得るためには1日35名(パターン②)ほどの診療が必要です。ただ、この数字を得るためのアプローチは患者数を満たすことだけではありません。こういった数字をベンチマークとして、以下のような検討をしていきます。

  • 患者数は届かないので、単価の高い疾患や自由診療に力を入れて単価を例えば7,000円にする
  • 単価を上げるのもなかなか厳しいので、まずは休日を少なくしたり診療時間を長くしたりして売上を増やす
  • 賃料が高くても視認性が高い物件にして、賃料の増加を1日の患者数増加で補う
  • 広告宣伝費を上げて、増える費用の分を1日の患者数で補う
  • なるべく自動化の仕組みを整えて、スタッフを減らして経費を浮かす

上記のように、「利益=売上-費用」「売上=単価×患者数×診療日数」「費用=原価+販売管理費」といったように分解をして考え、一つ一つ利益を増やすための仮説検証を開業前はもちろん、開業後も行います。これがしっかりできている(何かしら利益が上がる裏付けがある)先生が結果的に平均よりも高い利益を得ています。

5.まとめ

いかがでしょうか。入職時に概ね報酬が決まる勤務医と異なり、なかなかご自身の報酬が見えてこないのが開業医です。一方で努力と工夫で勤務医の数倍の報酬を得られる可能性ももっています。

筆者プロフィール

株式会社G.C FACTORY

https://ma.gcf.co.jp/

代表取締役 金子 隆一

コンサルタントとして、医療機関のM&A、開業、運営支援において累計100件以上の実績を有する。クライアントの問題解決に励むと同時に、都内の大規模在宅支援診療所のバックオフィス業務の設計及び実行責任者を兼任している。