セミナーご案内

データヘルス改革の取り組みで薬局はどう変わるのか

セミナー動画 セミナー動画

医療・介護の政策として「データ」というキーワードが大きくなってきています。厚労省では今年10月から本格稼働するオンライン資格確認をデータヘルス改革の“基盤“と表現しており、電子処方箋につながっていくものになります。こうしたデータヘルス改革は、薬局の業務をどのように変えていくのでしょうか? 行政・ベンダーなどの産業側・薬局の3者が一同に会して議論します。

座長:山村 真一先生(保険薬局経営者連合会 会長、プライマリーファーマシー)

  • 基調講演「「オンライン資格確認の普及への思い」
    山下 護様(厚生労働省保険局医療介護連携政策課長)
  • 講演「オンライン資格確認・電子処方箋は薬局にとって絶好の機会となる~工業会の視点から~
    一般社団法人保健医療福祉情報システム工業会 岡 明男様
  • 事例紹介:メディコムの取り組み [オンライン資格確認について]
    PHC株式会社 メディコム事業部 瓜田 耕一氏
  • パネルディスカッション

[ファシリテーター:菅原 幸子様(ドラビズon-line 編集長)]
パネリスト:
厚生労働省 保険局 医療介護連携政策課 保険データ企画室 保険データ企画係長 太江 俊輔様
山村 真一先生(保険薬局経営者連合会 会長
篠原 久仁子先生(日本コミュニティファーマシー協会 理事)
竹中 孝行先生(薬局支援協会 代表理事)
一般社団法人保健医療福祉情報システム工業会 岡 明男様