セミナーご案内

診療所運営の失敗事例に学ぶ5つの成功原則

今回のセミナーでは、診療所の経営基盤を強化するための知識として、診療所運営の失敗事例に学ぶ5つの成功原則をご紹介します。

うまくいかない診療所の特徴としては、主に患者が期待したほど集まらない、設備投資をしすぎた、人をうまく使えない、職員がすぐに退職する、外来診療に疲れてきた、といったことが上げられます。

これらに対処するためには、院長が明確なビジョンや目標を決め組織一丸となり勢いをもって行動する必要があります。保守的な事業計画を立て、決めた期間でやるべきことを行える組織づくりが上記を生まない方法です。

セミナー内容

診療所の運営にあたり、以下の5つの原則を順守する必要があります。

1. 当初はできるだけ設備投資を抑える
2. 増患のための戦略を綿密に練り目標を定量化したうえで具体的な行動に結び付ける
3. リーダーの役割を認識しリーダーシップをもって職員を牽引する
4. 職員がやる気になる環境や制度をつくる
5. 徐々に多様な事業展開を行い、複数の収益源を確保する

今回は後に臍(ほぞ)を嚙むことのないよう、成功する診療所運営を行なうための5つの原則についてレクチャーを行います。

講演者

石井 友二
ホワイトボックス株式会社代表取締役(公認会計士、税理士)
中央大学商学部卒業後、朝日監査法人(現あずさ監査法人)入社。監査業務に従事したのち、安田信託銀行(現みずほ信託銀行)入行、コンサルティング部室長を経て、 2004年4月に、医療機関への経営支援を専門とするコンサルティング会社、ホワイトボックス株式会社を設立。
100を超える病院や30以上の診療所に対する会計業務や経営コンサルティングを実施。ホワイトヴィークル株式会社の取締役、石井公認会計士事務所所長、監査法人ブレインワークの代表社員でもあり、上場会社の社外取締役にも就任している。
現在は医療機関における経営・マネジメントの知識を発信するコミュニティサイト「Doctor Winners」を運営ししている。