PHC株式会社

クリニック・薬局経営コラム

クリニック看護師のやりがいを考える

 地域にねざした医療を提供するクリニック。そこでの看護師としての仕事は、大学病院や総合病院などでの仕事とはどのように異なり、どのような役割が期待されているのでしょうか。クリニック勤務ならではのやりがいとともにご紹介します。

クリニック看護師の仕事とは

 医療機関は一般的に病床数に基づき「病院」と「クリニック(診療所、医院)」に分類され、病床数が19以下の医療機関をクリニックと呼んでいます。現在、日本のクリニックの大半は無床診療所であるため、基本的には外来診療を主としていると考えてよいでしょう。
 看護師の仕事は医師の診療補助が中心となりますが、一般的に病院ほど多くの医療事務スタッフを持たないクリニックでは、一人一人の看護師がカバーすべき範囲は広くなります。クリニックの規模や診療科目により看護師の職務範囲は異なりますが、診療前の問診や検査の説明・治療補助から、採血、注射、点滴などさまざまな診療に関わることになるでしょう。さらには、医療器具の洗浄・消毒や薬品類の発注・管理、診療室の清掃などを担当することも珍しくありません。

イメージ

クリニック看護師に求められるスキル

イメージ

 一人一人の看護師の職務範囲が広いクリニックでは、自分の業務だけにとらわれることなく、職場全体の状況を把握できる広い視野を持つことが大切です。「自分の仕事ではないから」と見過ごすのではなく、自分がクリニックの医療や接遇の品質を担うのだという責任感をもって業務を進めることのできる人材が、何より求められると言えるでしょう。他のスタッフが不在であれば適宜そのカバーを行うことも必要となるため、さまざまな業務に臨機応変に対応できる力も大切です。また、医師と患者さんの橋渡しも、看護師に求められる大切な役割です。それぞれの要望を正しく把握し、ポイントを押さえたうえで情報を伝えるという高いコミュニケーション力も、クリニック看護師に求められるスキルだと言えるでしょう。

クリニック看護師のやりがい

 幅広い業務に対応する必要がある点はクリニック勤務の大変なところでもありますが、さまざまな面で医師や患者さんに関わることができるのは、クリニック看護師ならではと言えるでしょう。主体性をもって業務に取り組むことのできる人には、大きなやりがいを感じられるはずです。また、クリニックには定期的に通院される患者さんが多いため、一人ひとりと関係を築き、しっかりと向き合って医療を提供することができます。良好な関係を作ることのできるヒューマンスキルや、相手の気持ちをくみ取ることのできるコミュニケーション力を発揮するには、最適な職場です。何より地域に根ざす医療機関として、地元の人々の健康を担うことができるのは、クリニック看護師として働くうえで大きな魅力です。仕事の手応えを感じながら、責任感をもって診療をサポートすることができるでしょう。

イメージ

 今回は、クリニック看護師の業務についてご紹介しました。幅広い業務に対応するなかでさまざまなスキルを身につけることができ、患者さんや医師らとしっかりとした関係を作り上げつつ仕事を進めるというワークスタイルは、クリニック看護師の業務の大きな魅力です。自宅近くで勤務することもできるので、地域とのつながりをより強く感じることもできるでしょう。看護師の人間性を存分に活かすことのできる「クリニック看護師」、ぜひ働き方の選択肢として検討してみませんか。

経営の一覧へ戻る

トピックス

診療所向け電子カルテシステム/医事会計システム
診療所向けソリューションのご紹介
シェアNo.1。導入からアフターケアメンテナンスまで全国ネットにサポートします。

※「MEDICOM」および「メディコム」は、PHCホールディングス株式会社の登録商標です。