PHC株式会社

クリニック・薬局経営コラム

クリニック・薬局の経営者として重要な資質とは

 ひとたび開業すれば、医師や薬剤師としてだけでなく、経営者としてクリニックや薬局のリーダーシップをとることが求められます。提供する医療の質を向上させていくよう努めることは不可欠ですが、それだけではクリニック・薬局の事業を成功に導くことはできません。今回は、クリニック・薬局の経営者に求められる資質について考えてみましょう。

経営者の資質とは

 クリニック・薬局に限らず、経営者に求められる資質とは何でしょうか。事業経営には多種多様な要素が含まれ、それぞれの組織が置かれる状況によって重視すべきことがらは異なります。このため、求められる資質のすべてを網羅的に挙げることは困難ですが、とりわけ重視すべきは「実行力」、「判断力」、「人材活用の力」だと言うことができるでしょう。経営者は、名実ともにクリニック・薬局のリーダーです。組織内外のメンバーを率いる強力なリーダーシップを発揮するためには、自身のビジョンを明確に掲げ、その実現に向け行動を起こす力を欠かすことはできません。一方、そうしたアクションを支えるのは、冷静かつ的確な経営判断です。仮に経営者が判断を誤れば、クリニック・薬局をリスクにさらすことにもなりかねず、多くの関係者にも大きな影響が及びます。強い責任感に基づきものごとの本質を見抜き、適切な判断をスピーディに下すことが求められると言えるでしょう。さらに、多くのスタッフを束ねる存在として、適材適所の人材配置や、一人一人の能力を引き出す育成への目配りも必要です。

イメージ

クリニック・薬局における経営とは

イメージ

 こうした資質をフル活用して、クリニック・薬局における収益の最大化していくことが、経営における目標です。「クリニックや薬局は高品質の医療技術を多くの人に提供することを第一に考えるべきで、利益追求にとらわれてはいけない」という声も聞こえてきそうですね。確かに、医療知識や技術への追求はクリニック・薬局にとって欠かすことはできません。しかし、経営をおろそかにしていては、新しい技術や人材に投資する体力が失われていき、「優れた医療を多くの人に」という目指すべきビジョンを安定的に実現することは難しくなります。最悪の場合、経営の悪化により閉院を余儀なくされてしまえば、医師、薬剤師が医療を提供する場そのものが失われることにもなりかねません。また、経営の問題を抱えたクリニック・薬局では、スタッフや経営者である医師・薬剤師自身のモチベーションや生活にも影響が生じます。クリニック・薬局の理念を実現するためにも、経営の視点をおざなりにすることはできないのです。

失敗から学ぶことも多い

 医療に関する制度の変更や院内でのトラブル、あるいは分院展開といった新たなステージへの進出など、経営をめぐる課題は常に変化し、都度対応を求められます。さまざまな要素が関わり合うなか、唯一の正解はなく、試行錯誤を繰り返しながらより良い状態を目指していくのが実際の経営の姿かもしれません。ときには失敗もあるでしょうが、長期的な視点を持ち、そこからの学びを次に活かすポジティブな姿勢を持つことも大切です。また、信頼できる相談相手を見つけることも重要なポイントでしょう。他者に相談することで客観的な視点が得られ、経営者の精神的な負担も大きく軽減されます。事業を拡大する場合などには課題も複雑化し、高度な経営スキルが求められることもありますが、その際には経営を専門とするコンサルタントなどの活用を検討するのも一つです。また、スタッフや経営者同士といったつながりも大切です。人脈を広げておくことで、思わぬところからヒントが得られることもあるものです。

イメージ

 医師・薬剤師は医療のプロフェッショナルであるものの、経営となると、特に開業時には知識や経験も乏しく、苦手意識がある方も多いのではないでしょうか。しかし、クリニック・薬局の事業においては、医療の品質と優れた経営は両輪として機能し、どちらもおろそかにすることはできません。経営者としての意識をしっかりと持つことで、理想のクリニック・薬局を実現させましょう。

経営の一覧へ戻る

トピックス

診療所向け電子カルテシステム/医事会計システム
診療所向けソリューションのご紹介
シェアNo.1。導入からアフターケアメンテナンスまで全国ネットにサポートします。

※「MEDICOM」および「メディコム」は、PHCホールディングス株式会社の登録商標です。