PHC株式会社

クリニック・薬局経営コラム

好感の持てるホームページとは

 インターネットの普及にともない、来院前にクリニックや薬局のホームページをチェックする患者さんはますます増えています。患者さんとの最初の接点、いわばクリニックや薬局の「顔」であるホームページの作成にあたっては、どのような点を心がければよいのでしょうか。

ホームページで選ばれる?

 インターネットやスマートフォンが普及したことで、今や若年層だけではなくシニア世代までもが、ごく当たり前のようにクリニック・薬局のホームページを来院前にチェックするようになっています。いくつかの医療機関のホームページを閲覧したうえで、「ここならしっかりと診てもらえそうだ」と思ったところを選ぶ、という患者さんも増えているのです。提供する医療サービスやスタッフの対応力などを磨くことはもちろん大切ですが、患者さんとの最初の接点となるホームページに好感を持っていただくことが、「選ばれるクリニック・薬局」への第一歩となりつつあります。

イメージ

信頼感のある内容とは?

イメージ

 では、クリニックや薬局のホームページに好感を持っていただくためにはどのような要素が必要なのでしょうか。まずは「自分の健康を任せても安心だ」という信頼感を与える内容となっていることが大切です。これから訪れようとするクリニック・薬局の専門性や技術力は確かなものか、診療方針に共感できるか、といった患者さんの関心に応えられるよう、コンテンツをもう一度見直してみましょう。「当院について」といったページを用意し、クリニック・薬局の強みやスタッフの経歴を紹介したり、診療方針を説明したりするのもよいでしょう。また、Q&Aコーナーを設置してよく寄せられる疑問に答えることで、専門性や患者さんに寄り添う姿勢を示すこともできます。質問ボックスを用意して患者さんからの質問に答えていくのも、信頼感の醸成には効果的です。

親近感がわく内容とは?

 また、「このクリニック・薬局になら自分の不安を相談できそうだ」と思ってもらえる親近感も大切な要素です。あたたかみを感じるホームページのポイントは、勤務する人の顔が見えること。スタッフの顔写真(似顔絵でもよいでしょう)を掲載するだけで、そのクリニック・薬局がぐっと身近に感じられるものです。院内の写真なども、雰囲気やイメージを伝えることができておすすめです。またぜひコンテンツに含めていただきたいのが、地域にお住まいの方へのメッセージや診療理念です。その地で開業をした理由、医療にかける思いなどが伝われば、近隣の住民の方々との関係性はさらに強いものとなり、地域にねざすクリニック・薬局として医療を提供していく基盤を築くことができるでしょう。

イメージ

 ホームページの作成や更新はついつい後回しにしがち・・・・・・という声も聞かれますが、自分たちの強みや思いをしっかりと発信できるチャンスでもあります。「信頼感」「親近感」の2つの観点からコンテンツをもう一度見直して、増患やイメージアップを実現しましょう。

経営の一覧へ戻る

トピックス

診療所向け電子カルテシステム/医事会計システム
診療所向けソリューションのご紹介
シェアNo.1。導入からアフターケアメンテナンスまで全国ネットにサポートします。

※「MEDICOM」および「メディコム」は、PHCホールディングス株式会社の登録商標です。